幼児教育で運動能力を培いましょう。

運動能力を培いながら子供たちの人間性を見届けましょう。そのためには様々な知識やトレーニングを積み重ねたほうが良いのかもしれません。このようなスタイルを大切にして教育の本質を追い求めてください。肯定的な世界観があれば人格の形成がスムーズに行われます。なので思考力を蓄えながら子供たちの才能を見分けてください。脳の機能を高めると知能指数が見分けられるはずです。前向きな姿勢でトレーニングをすれば感情が豊かになります。行動範囲も広がります。したがって時間をかけながら子供たちと接してください。そして幼児教育の理解力を深めましょう。学習の習得能力を培って子供たちの性格を追求してください。重要なテーマを用いるとコミュニケーションスキルが身につきます。このような目標を掲げながら知能の発達を導き出してください。

幼児教育の理想と現実

学生時代、国語が大好きだったのですが、その当時、数学の先生が2歳のお子様に幼児教育として数学を教えているとうかがった影響で、自分に子供ができたときは必ず、古典や漢文を読み聞かせしようと決めていました。しかし理想と現実は違うもので、理想が一切できていません。できていない理由として、家事に育児、仕事の両立で自分にゆとりがないのが正直なところです。ゆとりが出来たらぜひやってみたいとおもうのですがなかなかできません。先日、テレビである芸人さんが仏教の教えの本を、まず自分が読み、それをお子様へ噛み砕いて教えているというのを見ました。私も今からでも遅くないと思うので少しずつ教育を進めていきたいです。ただ、親の我や願いを押し付けすぎてはいけません。子供が喜ぶことで進めていかなくてはいい子に育たない気がします。無理強いはしないということだと感じます。

幼児教育に必要なのは言葉の多さ

最近は習い事や体操などで幼児教育に熱心な親御さんを多くお見かけしますが、3歳までの幼児の脳にとって一番発達を促すのは、日常的に聞いている言葉の数となります。たとえば、日本語の美味しいという表現は、美味い、美味、舌がとろけるなど実にたくさんの種類があります。そのような言葉を刺激として幼児は脳にやきつけていきます。それが美味しいと言う表現をすべて、やばいという言葉でしか話さない親のもとで育った場合、幼児の脳の発達は遅れていきます。言い方は悪いですが、低学歴の親と高学歴の親の幼児に対する環境の違いというのは、このような日常的なシーンから差がついていくといわれています。小さなころからたくさんの習い事などをさせるのもいいかもしれませんが、まずは日常生活を見直し、幼児の脳にとってよい環境を作り出すことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です