幼児教育は家庭でもできます。

幼児教育というとどこか習い事に行ったり、保育園や幼稚園で読み書きを学んだりという風に考えがちです。しかし幼児期に取得できる事というのはそれだけではなく、情緒面や人間関係などの課題をクリアしていくことが大切だと言えます。お勉強ができることイコールすごいと考えがちですがそうではありません。勿論得意、不得意はあるのでその子ができる事は存分に褒めてあげればOKです。しかし勉強ばかりにとらわれることはないという意味です。幼児教育というのは生活のすべてであり、家庭で実践できることもたくさんあります。特に親子の会話と言うのはコミュニケーション力を高めてくれます。今日何があった、どんなことをしたなどという普通の会話でいいので必ず親子で話をする時間を作りましょう。要領を得ない子どもの言葉に忙しい大人はイライラしてしまいがちですができるだけ対応していきましょう。

幼児教育で注目されているアク育

幼児教育の1つとして近年注目を集めているのがアクティブな教育となるアク育であり、親子でやってみるチャレンジ精神と、できる成功体験を積み重ねることで幼児も楽しみながら学ぶ体験を負担なく行えます。3歳頃までの幼児期では、心身のバランスも教育環境では重要視されており、頑張った瞬間を共有できるのがハイタッチであり、親子の絆を育むことが可能です。幼児教育では、頑張ったねの言葉だけでは難しい事柄にチャレンジしている場合、長続きさせることは難しく、特に言葉の理解や言葉が未発達となる幼児には言葉よりも行動が自信に繋がるため、出来た時や頑張った時にはハイタッチや頭を撫でるスキンシップが大事です。またアク育では、身体を動かす習慣を幼児期から毎日行うことにより、進歩や成長も早く、運動機能も発達します。苦手だったり、初めての事柄には尻込みしがちですので簡単に出来ることから始め、楽しさ優先でアクティブな行動教育が注目されています。

幼児教育を受けるならベストな選択を

幼児教育は大きな可能性を持っていると聞きます。この教育を受けているか否かで、人生が左右されると言っても過言ではないと言う人もいます。大切なのはその内容で、幼児の特性に応じた内容になっているかが鍵のようです。先生との相性もあり、事前に面接や実際の教室を体験させて頂くと参考になります。また、クラスメートも事前に把握出来るとより理想的です。幼児教育は、子供の基礎を築く重要な機会でもあります。教育の内容はもとより、どのような所でどのような人と接するのかも入念なチェックをする事で、ベストな環境を選択する事が期待出来ます。現在数多くの教室が設けられていますが、選択基準は時代に沿っているかも含めます。例えば英語に力を入れているとか、コミュニケーション能力を高める工夫をされているとか、何に主眼を置いているかをチェックします。全ては子供の為と、その労を惜しむ事無くベストな環境を選ぶ事が望ましいです。

乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 伸芽会は小学校や幼稚園受験をする子どものための幼児教室です。 学校と家庭の教育方針があっているかが見られる面接では、事前の学校研究が不可欠です。 親では分からない、客観的な視点からの教室でのお子様の様子を報告します。 伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 幼児教育の元祖!小学校受験は伸芽会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です